スポンサーサイト

0
    • 2018.08.06 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    仕事帰りに駅前を歩いていたら、酔っ払いに絡まれました。

    0

      3人組でおそらく40代くらいだったのですが、急に胸ぐら捕まれて「兄ちゃん何見てきょんなら」と言われて殴られそうになったので、腕を振り払おうとしたら、自分の手が相手の顔に当たってしまい、死ぬほど口論になった。

       

      昼間から飲んで出来上がってる酔っ払いに絡まれて、本気でイラッとしました。

      上の続きなのですが、頭に血が上った僕はその3人組の真ん中にいたやつの肩をどついてしまいました。

       

      そしたら両端2人が言い寄ってきたので、振り払って「わりゃなめとんか?」と声を荒げてしまい、やってしまったと思っていたところ、誰かが交番から警察を連れてきており、声を荒げてしまった僕が悪者と勘違いされ、交番に行くことになってしまいました。

       

      事情を説明して、おっさんたちを交番に残して僕は帰してもらえたのですが、イラッとした以上に何事もなくてよかったなとほっとしました。 その男たちはアートネイチャー1000本持ってんか?と酔っぱらって意味不明のことを言ってましたね。


      古典は、現代語とは違う古典特有の言葉を中心に覚えます。

      0
        古典は、現代語とは違う古典特有の言葉を中心に覚えます。

        (おかし、あわれなど)
        また古典を理解するポイントは「とにかく読む」ことです。
        同じ文章を何度も何度も読ませましょう。
        どうしても敬遠しがちな分野ですが、いくら古典といっても同じ日本語です。

        現代文の読解力があれば、
        古典の文章を読みなれるだけでなんとなく意味がわかってくるものです。

        何度も何度も問題を解くことが一番定着する方法です。

        0

          お子さんが漢字が苦手な場合、必ず漢字練習をさせてください。
          漢字の読み書きでミスをして点数が下がるのはとてももったいないことです。
          今までの教科書などで習った
          新しい漢字をチェックして、
          忘れていたり間違っているものを
          とことん練習させましょう。

          さらに詳しくはこちらから。

          その際に気をつけていただきたいのが、
          苦手な漢字だけを書けるようにするのではなく、
          熟語として覚えたり、
          音訓両方の読み方を覚えたりすることです。
          受験では音・訓両読みの問題が出ることが多いです。
          また新しく習った漢字以外でも、書けそうにない漢字や熟語があれば、
          チェックして書けるようにしておくことも忘れないでくださいね。

          さらに詳しくはこちらから。











          インプットされている言葉読解力は簡単には身につくには

          0

            読解力は簡単には身につくものではありません。
            毎日新聞に目を通すことや、読書をすることで自然と身につくものです。

            さらに詳しくはこちらから。


            すると、
            難しい言葉ばかりで、
            何がなんだかわからなくなってしまうことがあります。
            しかし、
            先ほど言ったようにお子さんの頭にインプットされている言葉などが
            その時によみがえってきて、記事の理解度が上がるというわけです。
            ですから国語の基本となる読解力が身につくとともに、

            面接対策にもなりますので、
            ぜひ新聞を読むことを習慣づけさせてください。
            毎日少しのことですが、
            ライバルとの差はどんどん開いていきますよ。
            また、下のお子さんがいるなら、

            ぜひ早いうちから文字に触れる習慣づけをさせることをお勧めします。

            さらに詳しくはこちらから。







            お子さんも含めた受験生は、試験間近になってから面接練習を始めます。

            0

              読解力は簡単には身につくものではありません。
              毎日新聞に目を通すことや、読書をすることで自然と身につくものです。
               
              さらに詳しくはこちらから。


              国語以外にも数学の文章問題やその他に役立つ、
              重要な力だといって過言はないでしょう。

              しかし、
              入試まで数ヶ月という今からあわててお子さんに読書をさせても、
              入試対策にはならないでやめましょう。


              ただ、
              新聞を毎日読むということはとても有効です。

              入試には面接もありますので、
              時事問題が質問されることだってあるのです。

              毎日新聞を読んでいることにより、
              知らず知らずのうちに世の中の動きが頭にインプットされますよね。

              何も完璧に新聞の記事を理解する必要はないのです。
              お子さんも含めた受験生は、試験間近になってから面接練習を始めます。

              そのときに、
              時事問題の質問に備えて新聞を読んだりテレビのニュースを見たり、
              関心のあることについて調べ始めるのです。

              さらに詳しくはこちらから。





              人生の分かれ道ともいえる受験を乗り越えるために

              0

                お子さんの準備はすすんでいますか?
                部活動もあと数ヶ月は頑張らなくてはいけませんが、
                学習条件はみんな同じです。

                さらに詳しくはこちらから。

                受験突破のポイント、
                それは
                お子さんの努力
                家族のサポート
                の2つなのです。

                このレポートでは、
                あなたがお子さんを最大限にサポートできる学習方法や、
                家庭での過ごし方などを提供いたします。
                国語では「読解力」がかなり重要になります。
                最近では、読解力の乏しい中学生が増えています。

                ではその力を身につけるためには、
                何をすればいいか。
                それは、

                とにかく文章を「読む」
                ことです。


                さらに詳しくはこちらから。

                高校受験まで一年を切りました

                0

                  ここからが追い込みですよ!
                  今から受験までの短期間に有益な情報をお届けします。


                  受験のためにどのような勉強をすればいいのか、
                  というのはお子さんだけでなく、
                  保護者であるあなたもとても気になるところでしょう。



                  また、実際にお子さんがきちんと身につく勉強方法をしているのか、
                  毎日実践しているのか心配であるはずです。



                  まず親の心構えとして忘れないで置いていただきたいのが
                  「受験」というものは子供1人が頑張るものではない
                  ということです。



                  頭ごなしに「勉強はしたの?あなたが勉強しないと落ちるよ」
                  なんて言うことは間違っていますよ。
                  確かに勉強をして試験を受けるのはお子さんです。
                  あなたが代わりに試験を受けることはできませんよね。



                  ですが、
                  家族にだってできる受験対策はあるのです。

                  さらに詳しくはこちらから。